タグ別アーカイブ: 補償内容

補償内容の選び方によって火災保険料が変わってくる

補償内容の選び方によって火災保険料が変わってくる

火災保険にはさまざまな補償内容があります。火災保険という名称でありながら、火災以外の災害も対象としているのです。もちろんどのような補償内容にするのかによって火災保険料は異なりますので、まずは火災保険の補償内容について確認しておくことが大切です。

火災保険料と補償内容1:どのような補償内容があるの?

火災保険においては以下の災害を対象としています。

・ 火災

・ 破裂や爆発

・ 落雷

・ 水災

・ 風災や雪、雹などによる災害

・ 漏水

・ 建物の外からの物体の衝突や落下

・ 集団行動に伴う騒擾や暴力行為

・ 突発的、不測の事故

・ 盗難

地震災害を除いたたいていの自然災害、人災が対象となっており、住宅にまつわるほとんどの災害をカバーしていると言ってもいいでしょう。そのため、補償の範囲をどこまで広げるのかによって火災保険料も変動します。

火災保険料と補償内容2:基本的な補償内容は決まっている?

火災保険には上記の補償内容のうちのいくつかが基本的なセットとなっています。保険会社によってその組み合わせは異なりますが、火災に加えて破裂や爆発、落雷、風災、雹や雪による災害、盗難などが組み込まれていることが多いようです。保険会社によって基準料金が異なることに加えて、補償内容の組み合わせも複数ありますので、結果として火災保険料の設定が込み入った印象を与えることになっています。

火災保険料と補償内容3:パッケージ型と選択型

このように、火災保険料が決まるためにはどのような補償を取り入れるのかによって異なりますので、火災保険についてあまりよくわからない素人にとっては一体どれを選んだらいいのか悩んでしまうことも少なくありません。そんな時にはすでに組み上げられているパッケージ型の火災保険商品を選ぶのが楽ではありますが、場合によっては自分の住宅には必要のない補償が含まれていることもあります。

そこで、選択型の火災保険商品の方が場合によってはいいこともあります。高台にある住宅であれば、水災を心配することがほとんどありませんので、選択型の火災保険商品であれば水災分の補償を外して割安に組み立てることができます。そのためには、ある程度火災保険についての知識を得ておくことが大切ですので、日頃から自主的にいろいろと調べておくようにするといいでしょう。

最近では、インターネットで複数の保険会社に一括見積もりを依頼することのできるサービスが提供されています。基本的な条件や補償内容を入力するだけで、それぞれの保険会社の商品を比較検討することができますので、より効率的に選択を進めることができます。