タグ別アーカイブ: 安くする

火災保険の割引制度を利用して火災保険料を安くする

火災保険の割引制度を利用して火災保険料を安くする

火災保険料が算出されるにあたっては、物件の構造がどうなっているのか、物件の所在地がどこであるのか、どのような補償内容を適用するのか、などさまざまな要素が複雑に組み合わさっています。自分の住宅に適切な火災保険商品を組み立てることが大切ですが、さらに割引制度を適用して割安にできるといいですね。火災保険に適用される割引制度にどのようなものがあるのかを確認しておきましょう。

火災保険の割引制度1:耐火性能やオール電化など

火災保険の割引制度には、住宅の耐火性能を細かく評価した耐火性能別による割引があります。大きく分けて、鉄骨造などの耐火性能のある戸建て住宅の場合は耐火時間が1時間以上であるか、木造の戸建て住宅の場合には45分を超える耐火時間が確保されていると認定されると、火災保険の割引をうけることができます。

また、オール電化を採用している住宅や発電エコ住宅に対しての割引制度もあり、太陽光発電のシステムが導入されていたり、エネファームが導入されていたりする住宅、すべての機器や設備を電気で動かしている住宅などにおいては、火災保険の割引を受けることができます。

火災保険の割引制度2:ホームセキュリティ割引

保険会社の中には、住宅に火災報知器をはじめとするホームセキュリティ設備が導入されている度合いに従って、ホームセキュリティ割引を火災保険に適用するケースがあります。これらの設備が適切に動作することによって、火災をはじめとする災害を未然に防ぐことができる可能性が高まりますので、このような割引制度が適用されるのです。

火災保険の割引制度3:ノンスモーカー割引

ユニークな割引制度として、ノンスモーカー割引というサービスを提供している保険会社もあります。住宅の内部で喫煙をしないということによって、火災の発生源を削減することができますので、保険会社と契約者双方にメリットのある割引制度です。

火災保険の割引制度4:長期割引やWEB割引

これは火災保険に限ったことではありませんが、長期で契約をすることによって同じ補償内容であってもより割安で契約をすることができます。1年の短期契約を結ぶよりも、5年あるいは10年の契約をした方がお得ということになります。

また、最近ではインターネットで火災保険を申し込むことができるようになったことに伴い、WEB割引を採用している保険会社が増えてきています。店頭での申し込みに比べてWEBからの申し込みの方が割安になるもので、保険会社にとっては店頭での営業スタッフの人件費を削減できるというメリットがあります。