タグ別アーカイブ: 地震保険

地震保険の保険料相場とは?

地震保険の保険料相場とは?

日本は地震大国です。そのため、住宅の購入や取得にあたっては、火災保険だけでなく地震保険の購入を検討するのが一般的になっています。火災保険においては、火災だけでなく水災や風災、雪災などの自然現象を幅広くカバーするような構成になっていますが、唯一地震だけが除外されています。なぜ地震保険だけが火災保険から除外されているのでしょうか。

地震保険について1:国が半分サポートしている保険です

上に述べたように、日本は地震の多い国です。そのため、住宅などの建造物を建てる場合には、起こりうる地震に対しての補償として地震保険に加入することがほぼ必須と言われているほどです。そのため、日本政府として地震保険については一定の基準を定め、消費者に加入しやすいように整備を行っているという事情があります。つまり、火災保険は保険会社によって実にさまざまな商品がありますが、地震保険についてはバリエーションはほとんどないと考えていいでしょう。

地震保険について2:保険料の違いはあるの?

地震保険は国がサポートしている保険制度ですので、都道府県別にそれぞれ基準が設定されています。大きく分けると木造構造なのか、あるいはそれ以外の構造なのかによって保険料の相場が設定されていて、財務省のホームページで細かく料金表が公開されています。目安をお知らせすると、評価額が1000万円の物件の場合、木造構造では地震保険料は1万円から3万円程度、それ以外の構造であれば5千円から1万5千円程度と考えていいでしょう。木造構造の場合はそれ以外の場合のおよそ2倍と言うことができますね。

地震保険について3:割引制度はあるの?

地震保険は国がサポートしている制度ですので、割引制度も用意されています。保険期間をどのように設定するのかによってのディスカウントがあり、最大で5年という長期の契約で大きな割引を受けることができます。また、建造物の耐震基準が改定された1981年6月1日以降に建造された建物であれば自動的に割引が適用されたり、それとは別に耐震等級を取得した物件などについてはさらに割引が適用されたりなど、複数の割引制度が用意されています。

このように、地震大国である特性から、消費者にとってメリットの多い地震保険が用意されているのが日本の保険制度の特色です。火災保険と合わせて加入するのが好ましい地震保険ですので、上に述べた割引制度について知っておくことでよりお得に利用することができるでしょう。