災保険の相場と保険料を決めるポイント

火災保険の相場と保険料を決めるポイント

保険料はさまざまな要素によって決められます

火災保険の相場をチェックする場合にはあくまで自分が保険をかけたい物件の相場を確認することが大前提です。そのため火災保険を取り扱っている会社全体の平均額や自分とは関係がない保険内容の相場を見ても参考にはなりません。

それだけに保険料はどのような要素によって決められるかをあらかじめ確認しておく必要があります。簡単に言えば資産価値が高い物件ほど、そして火災などのリスクが高い物件ほど保険料が高くなるわけです。保険をかける物件の保険料の相場を確認する際にはこの基本的な点を踏まえておかなければなりません。

まず物件のタイプによる違い

最大のポイントは家の種類。賃貸マンションよりも分譲マンション、分譲マンションよりも一戸建ての方が全体の相場が高くなります。賃貸マンションはそもそも加入する必要がないと考えている方も多いでしょう。分譲マンションと戸建てとの比較では戸建ての方が3~4割ほど高いと考えておくとよいでしょうか。ただし、一戸建て、分譲マンションともに住宅ローンを組む際に加入が義務になる一方、割安で契約することができるのでその点も考慮して相場を確認しておくとよいでしょう。

物件の構造も確認

火災保険の相場を確認する上でもうひとつ重要なポイントとなるのが家の構造です。燃えやすい木造よりも鉄筋コンクリートの方が割安になりますし、耐火構造かどうかも大事な判断材料となります。相場を調べる際にはあくまで自分の物件と同じ構造の相場を調べるようにする必要があるわけです。鉄筋コンクリート製なのに木造の相場をチェックして「ちょっと高い」なんて思い込んでしまうようなことは避けるようにしましょう。

このように、火災保険の相場は所有している物件ごとに評価基準が異なってくるため、かなり条件を限定したうえで確認するようにしないと見当違いな基準で各保険会社の火災保険を比較検討してしまうことにもなりかねません。大事なポイントなので忘れないよう心がけましょう。