火災保険料は構造によって大きく変わる

火災保険料は構造によって大きく変わる

火災保険料はさまざまな要素の組み合わせで決まります。補償の適用となる建物がどのような構造であるのか、どのような立地であるのか、そしてどの保険会社から商品を購入するのか、などです。建物の構造にフィーチャーして火災保険料がどのように算定されているのかを確認しておきましょう。

構造別の火災保険料1:どのような等級があるの?

火災保険料の算出ベースとなる建物の構造等級には以下のようなものがあります。

M構造=マンションなどのコンクリートによる住宅

T構造・1級=戸建て住宅においてコンクリートによる耐火住宅

T構造・2級=戸建て住宅において鉄骨による準耐火住宅、ツーバイフォーによる省令準耐火住宅

H構造=マンション・戸建て住宅において木造の住宅

上記を見てわかるように、火災保険料は等級が下にいくに従って高くなります。コンクリート住宅の方が燃えにくく、木造住宅が燃えやすいという特性によるもので、火災保険の加入を検討する際にはこれらの等級について頭に入れておくといいでしょう。

構造別の火災保険料2:M構造の場合

コンクリートでできたマンションなどの共同住宅の火災保険の相場はどの程度に想定しておくといいでしょうか。もちろんそれぞれの物件によって詳細は異なりますが、ざっくりと1万円から1万5千円を考えておくといいでしょう。ハイグレードマンションなどの場合には2万円近くになることもあり得ますが、相場としては2万円を超えることはないと言っていいでしょう。さらに、賃貸タイプのマンションであれば、1万円以下というところも少なくありません。

構造別の火災保険料3:H構造の場合

一方、木造構造であるH構造の場合は、新築時の購入価格が3千万円の場合には年間1万2千円程度が相場となります。購入価格が7千万円になると2万円程度は必要になりますので、M構造の場合に比べると若干割高になります。ただし、住宅ローンを組む際に火災保険をセット加入するサービスを行っている場合があり、ある程度の割引を受けることができるようにもなっています。

このように、建物の構造だけに注目しても火災保険料の設定に大きな影響を与えていることがわかります。物理的に建物がどれだけ燃えやすいのかを標準化して設定された構造等級ですので、住宅の購入を検討する段階においては、将来支払うことになる火災保険料なども含めて総合的にシミュレーションを行うことが望ましいと言えるでしょう。